ペットの健康こそが飼い主の幸せ

ペットを飼っていらっしゃる方ならばお分かりになることかと思いますがペットが健康で元気にしている姿を見るのは大変嬉しい事です。
一方でペットが病気になって元気がない様子をみるのは非常につらく、どうにかしてあげたい気持ちになり飼い主の方も気が気ではなくなってしまいますね。
最近ではペットの為の動物病院もかなり充実しており、ペットになったその日から獣医さんと懇意にする生活が始まるといっても過言ではありません。
定期健診から突然の病気など、懇意の獣医さんがいると大変助かるものです。
子供の頃にペットを買っていましたが、その時の心得として親からこんなことを教えられました。
「ペットは言葉がしゃべれないから具合が悪くてもうまく伝えられません。
だから飼い主が責任を持って、いつでもペットのことをよく観察し、少しでも様子がおかしかったらすぐに獣医さんの所に連れて行くように。

確かにそのとおりです。
いつもより食事の進み具合が悪かったり、動きが鈍かったり、引きずるように歩いていたり、目や二が出ていたり、毛並みが悪くなっていたり、というのは目に見える変化ですから、飼い主が直ちにきづいてあげて、すぐに獣医さんに連れて行ってあげなければなりません。
昔はペットには保険などもなかったので、場合によっては安楽死ということも多々ありました。
しかし今は人間並みに手厚いペット保険がありますから、
できるだけ最善の医療を施してあげることができるようになりました。
大切な家族の一員ですからペット保険があるとご家族も安心してペットを病院に連れて行ってよい治療を受けさせて上げられることでしょう。
いざという時にすぐに行動できるように、私たち飼い主はペットの健康管理について日ごろからよく勉強し手億必要があります。
そして適切な食事や運動をさせ、最寄の獣医さんを見つけて、定期健診や万が一の時にいつでも駆け込めるように準備しておくことが大切です。
私たち日常生活に愛嬌を振りまいてくれて、明るく楽しい日々にしてくれる可愛いペットの存在は非常に大きなものです。
日々のペットの健康に気を配り、末永くいつまでも健康でいられるように飼い主として気を配ってあげたいものだと思います。
そして、ペットの健康を管理、維持していくという事こそがペットと暮らしていく上で、飼い主として最も大切な責任の一つといえるでしょう。
ペットと暮らしていろいろとお世話をさせてもらうことというのは非常に意味の大きなことです。